第546回読書会のお知らせ

川上未映子 『夏物語』 (文藝春秋)

パートナーなしの妊娠、出産を目指す夏子のまえに現れた、精子提供で生まれ「父の顔」を知らない逢沢潤――生命の意味をめぐる真摯な問いを、切ない詩情と泣き笑いに満ちた極上の筆致で描く、21世紀の世界文学!世界十数ヵ国で翻訳決定!

日時2019年11月30日(土)10時開始
会場面談室C(本館2階)
会費200円(茶菓代)
申込方法参加ご希望の方は11月27日 (水)までに学校へお電話ください。(Tel:045-781-2525)

次回予告

次回は、12月21日(土)に今村夏子『むらさきのスカートの女』(朝日新聞出版)を予定しています。

「近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性が気になって仕方のない<わたし>は、彼女と「ともだち」になるために、自分と同じ職場で彼女が働きだすよう誘導する。『あひる』『星の子』が芥川賞候補となった話題の著者による待望の最新作。」