【SCS通信】ゴスペル礼拝に参加しました

掲載日:2018.12.05

だんだんと冬へ近づいてるなと感じる11月17日(土)、素敵なクリスマスの装飾がされた関東学院大学のチャペルから歌声が聞こえてきました。今回初めて行う「クリスマス・ゴスペル礼拝」の準備が行われていたのです。


このゴスペル礼拝は、本校の在校生、保護者、卒業生によって結成されたゴスペルクワイアの発表の場でもあります。
今回はゴスペルクワイアでもある私が、中の様子をレポートします。

~開場前~
15時30分開場ですが、11時からリハーサルです。
本番の流れ、入退場の仕方、振り付け・・・細かいところまでしっかりと確認を行いました。


~開場&開演~
16:00開演。初めての試みということもあり、参加者がどのくらい集まるのかとても心配でしたが、なんと満席御礼でした。
私は唯一の出演生徒ということで緊張しました。


当日のスケジュールは以下の通りです。
 In the sanctuary
 The best is yet to come
 Every praise
 We wish you a timeless christmas
 説教(伊藤多香子 中高宗教主任)
 My Life,My Love,My All
 The Night That christ Was Born
 Joyful,Joyful
 Oh Happy Day
 祝祷
 Amen

大きな流れはこれまで行ってきたクリスマス賛美礼拝と変わりませんが、途中に説教があったり、吹奏楽部や軽音楽部の演奏がないのが大きな違いでした。ちょっと寂しいかとも思いましたが、厳かな雰囲気で行われ、これまでとは違った味わいのある礼拝になりました。


私たちゴスペルクワイアは12/8(土)、本校礼拝堂で行われるクリスマス賛美礼拝でも賛美します。
そのために日々の練習を大切に頑張っています!多くの皆様のご来校をお待ちしています。

[SCS 4年U]