本校独自のカリキュラムで、
個々の学びをサポート。

中学校では、一部科目に習熟度クラスを展開、授業外の講習を通して、学力の基礎を固めます。高等学校では、その基礎を土台に希望進路の実現に向けて学びのスパートをかけます。「総合的な学習の時間-地球市民講座-」で生徒は世界に目を向け、諸問題を考察し、「総合的な探究の時間」でさらに自己を深く掘り下げます。
放課後学習支援室の設置等、校内には学びのシステム、それを支える環境を十分に整えています。

基礎学力を養う教科教育

6年間の教育プログラム

1年生
  • 国語(4)
  • 社会(3)
  • 数学(5)
  • 理科(4)
  • 音楽(2)
  • 美術(2)
  • 保健体育(3)
  • 技術・家庭(2)
  • 英語(6)
  • 聖書(1)
  • 総合的な学習(1)
  • LHR(1)
2年生
  • 国語(4)
  • 社会(4)
  • 数学(5)
  • 理科(4)
  • 音楽(1)
  • 美術(1)
  • 保健体育(3)
  • 技術・家庭(2)
  • 英語(6)
  • 聖書(1)
  • 地球市⺠講座(1)*1
  • LHR(1)
3年生
  • 国語(4)
  • 社会(4)
  • 数学(5)
  • 理科(4)
  • 音楽(1)
  • 美術(1)
  • 保健体育(3)
  • 技術・家庭(2)
  • 英語(6)
  • 聖書(1)
  • 言語力活用講座*(1)
  • 地球市⺠講座*(1)
  • LHR(1)
4年生
  • 国語総合(4)
  • 地理A(2)
  • 数学I(3)
  • 数学A(2)
  • 物理基礎(2)
  • 化学基礎(2)
  • 生物基礎(2)
  • 体育(3)
  • 保健(1)
  • 芸術(2)
  • コミュニケーション英語I(4)
  • 英語表現I(3)
  • 社会と情報(2)
  • 聖書(1)
  • 総合的な探究(1)
  • LHR(1)
5年生
  • 世界史A(2)
  • 体育(2)
  • 保健(1)
  • コミュニケーション英語II(4)
  • 英語表現II(4)
  • 家庭基礎(2)
  • 聖書(1)
  • LHR(1)
  • 総合的な探究(1)
  • 選択(18)※1
6年生
  • 体育(3)
  • コミュニケーション英語III(7)
  • 聖書(1)
  • LHR(1)
  • 総合的な探究(1)
  • 選択(20)※24年生

*1 総合的な学習の時間

※1 (5年生の選択)
必修選択①
  • 現代文B
  • 古典B
  • 数学II
  • 数学B
必修選択②
  • 政治・経済
  • 化学
必修選択③
  • 世界史B
  • 日本史B
  • 地理B
  • 物理
  • 生物
自由選択
  • 小論文
  • 国語特講
  • 数学II(文系)
  • 数学IIB特講α
  • 実践コンピュータ
※2(6年生の選択)
必修選択①
  • 現代文特講
  • 古典特講
  • 数学III
  • 数学B(文系)
  • 数学IA特講
  • 数学IIB特講β
  • EnglishWriting
必修選択②
  • 政治・経済特講
  • 物理特講
  • 生物特講
  • 英語特講α
必修選択③
  • 世界史特講
  • 日本史特講
  • 地理特講
  • 化学特講
  • 英語特講β
必修選択④
  • 現代社会
  • 倫理

e-learning教材の活用

全生徒が所持しているChromebookを活用し、「すらら」、「スタディサプリ」、「Classi」などのe-learning教材を日々の家庭学習や長期休暇中の課題として使用しています。各自の理解度に応じて課題を進めることで、学習の個別最適化をはかります。

教科教育

関東学院大学との連携

大学が隣接しているメリットを生かし、さまざまな連携をしながら教育活動を行っています。「大学理科実験講座」では、本校の中学生が大学の研究室に出向き、教授から直接指導を受け、大学での研究の最先端に触れます。

関東学院大学との連携

学習支援室 Grace Room

平日の放課後、土曜日や⻑期休暇中には学習支援室Grace Roomで、苦手科目の克服や得意科目の力を伸ばすための補習・講習があります。自習エリアには個別ブース、オンラインでも質問ができる環境があり、各自の学習状況に応じた学びができます。

学習支援室

オリジナル手帳の活用

1週間ごとの予定を書き込むことができる本校オリジナル手帳を全生徒が活用しています。学習計画や面談の記録などを残しておき、今後のステップアップにつなげます。定期的に組担任が手帳をチェックし、生徒一人ひとりの様子を確認しています。

オリジナル手帳の活用