受験生の皆さんへ/to Student

一般クリスマス礼拝報告

一般クリスマス礼拝報告

 

 2012年12月22日(土)、本校礼拝堂において一般クリスマス礼拝を行いました。
 この礼拝は、生徒中心のクリスマス礼拝に加え、イエス・キリストの降誕を保護者、卒業生、近隣の方々と共に祝う礼拝であり、また本校が掲げるキリスト教教育を広く多くの方々の知っていただくための機会でもあります。
 一般クリスマス礼拝は、出席をご希望の方に申し込んでいただいたものです。そして今回、この初めての試みにもかかわらず、本当に多くの皆さまにお申し込みをいただき、皆さまとご一緒に盛大にクリスマスをお祝いすることができました。ご出席下さった皆さまには、この場を借りて御礼を申し上げます。ありがとうございました。
 このページでは、この日の礼拝の様子を写真と共にご紹介いたします。

 

一般クリスマス礼拝 12月22日(土) 17:00~

司式 鳴坂明人
奏楽 深野 基

第一部
天の声 「久しく待ちにし」


前奏  「久しく待ちにし」J.S. Bach作曲


招詞  ヨハネによる福音書 1章1節~9節

 初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は、初めに神と共にあった。万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。神から遣わされた一人の人がいた。その名はヨハネである。彼は証しをするために来た。光について証しをするため、また、すべての人が彼によって信じるようになるためである。彼は光ではなく、光について証しをするために来た。その光は、まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである。


讃美歌 114「天なる神には」一同


主の祈り 一同


聖書 フィリピの信徒への手紙 2章3節~8節

 何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。互いにこのことを心がけなさい。それはキリスト・イエスにもみられるものです。キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。


祈祷


説教 「クリスマスの喜び」

 彰栄学園宗教主任 石渡浩司牧師


祈祷

 


ハンドベル演奏

 指揮 太田和男氏  演奏 クレシェンド

 Canon「カノン」 J. Pachelbel作曲 岡本和子編曲
 We Three Kings「三人の博士」 J.H. Hopkins Jr.作曲 J. Raney編曲
 White Christmas「ホワイトクリスマス」 I. Berlin作曲 C. Dobrinski編曲
 A Cowboy Christmas「カウボウイのクリスマス」 T. Waldrop編曲
 A Christmas Festival「クリスマスの祭典」L. Anderson作曲 M.L. Thompson編曲


献金


献金感謝祈祷


讃美歌 109 Silent Night「きよしこのよる」一同 F. Gruber作曲 C. Moklebust編曲

 演奏 クレッシェンド


祝祷 石渡浩司牧師

後奏 「アーメン四唱」

 第一部は、厳かな雰囲気のなか、心を落ち着けて礼拝を守りました。
 石渡浩司牧師には「クリスマスの喜び」と題してメッセージをいただき、イエス・キリストの降誕の喜びを会場の皆さまと共に分かち合いました。
 第一部の後半では太田和男氏指揮のもとクレシェンドの皆さんのハンドベル演奏による奉仕をしていただきました。クリスマスにちなんだ美しい曲を演奏していただきました。
 またこの礼拝では会場の皆さまから献金を捧げていただきました。献金の送り先はこのページの終りに記載しています。そしてハンドベル演奏による讃美歌「きよしこのよる」を会場の皆さまとご一緒に賛美をしました。
 参加された皆さまと心を一つに主イエス・キリストの降誕であるクリスマスの礼拝を守ることができました。この後は10分の休憩の後、会場の皆さまとご一緒に力強くゴスペルで賛美をする第二部に移ります。


第二部

ゴスペル賛美とワークショップ

 指揮 国友よしひろ


ゴスペル賛美
 Joy to the World Medley 関東学院六浦ゴスペルクワイヤー&川崎コミュニティークワイヤー
 Highly Exalted 関東学院六浦ゴスペルクワイヤー&川崎コミュニティークワイヤー


ワークショップ
 Oh Happy Day 会場と一緒に

 

ゴスペル賛美

 That Name 川崎コミュニティークワイヤー
 You Are Good 関東学院六浦ゴスペルクワイヤー
 God Favored Me 関東学院六浦ゴスペルクワイヤー&川崎コミュニティークワイヤー
 Oh Happy Day 会場と一緒に


挨拶 校長 河合輝一郎


後奏 「バンドとゴスペル・コーラスのためのハレルヤ!」吹奏楽部

 第二部は、皆さまとご一緒に賛美をするひとときをもちました。
 国友よりひろ氏による指揮のもと、川崎コミュニティークワイヤーの皆さんと本校ゴスペルクワイヤーがステージに登り、総勢100人近くのゴスペルクワイヤーとしてゴスペルを賛美しました。演奏中、会場からは大きな拍手と手拍子が沸き起こり、礼拝堂内が一体となりました。ワークショップでは、国友氏のゴスペルソングの解説と受けながら、会場の皆さまにもゴスペルの歌の練習をしていただきました。最後の曲「Oh Happy Day」では、礼拝堂の全員で賛美をしました。
会場内は熱気で溢れ、力強く賛美をすることができました。
 後奏は吹奏楽部と聖歌隊による「バンドとゴスペル・コーラスのためのハレルヤ!」でした。多くの皆さまが最後まで演奏に耳を傾けて下さいました。
 なお、礼拝の後にはささやかではありますがクリスマスプレゼントとしてクッキーをお配りいたしました。
 最後になりましすが、関東学院六浦中学校・高等学校の一般クリスマス礼拝にご出席下さった皆さまに改めて御礼を申し上げます。ありがとうございました。またこのページを最後までお読みいただきありがとうございました。


クリスマス・メッセージ
石渡浩司牧師
青山学院大学経営学部卒、東京神学大学大学院博士課程、及び(英国)ダラム大学神学部大学院博士課程満期退学。彰栄保育福祉専門学校教授・彰栄学園宗教主任、関東学院大学人間環境学部非常勤講師、日本バプテスト神学校非常勤講師、日本バプテスト同盟新子安バプテスト教会協力牧師

ハンドベル
指揮 太田和男氏
関東学院中高ハンドベルクワイアー、全米ハンドベル指導者講習会、他で指揮者、講師を歴任。現在、クレシェンドの指揮者、日本ハンドベル理事。
クレシェンド
日本ハンドベル連盟主催の関東地区、全国大会、世界大会、他で演奏。

ゴスペルクワイヤー
ディレクター 国友よしひろ氏
現在、ゴスペル・ディレクター。日本テレビタレントセンター、日本工学院専門学校、桜美林大学、関東学院六浦中学校・高等学校聖書科の各講師。立教大学大学院キリスト教学研究科博士課程在籍。日本バプテスト同盟横浜教会会員

関東学院六浦ゴスペルクワイヤー&川崎ゴスペルクワイヤー
国友よしひろ氏の指導により結成。


クリスマス献金は下記の施設・団体の働きを覚えて献げます。
 日本赤十字社(東日本大震災被災地支援会)
 横浜訓盲院(視覚障がい者福祉施設)
 恵和(知的障がい者福祉施設)
 日本キリスト教海外医療伝道協力会(アジアの無医村での医療活動団体)
 横浜いのちの電話
 信愛塾(在日外国人教育生活相談センター)
 衣笠ホーム(特別養護老人ホーム)
 シャロームの家(地域活動支援センター)
 日本キリスト教団神奈川教区寿地区活動委員会(生活支援団体)
 アジアキリスト教教育基金(バングラディッシュの寺子屋支援団体)
 日本バプテスト同盟国際ミッションボランティア佐々木さんを支援する会(アフリカ・ルワンダでの平和支援活動団体)
 日本バプテスト同盟内海部会