ICTは主体的な学びを支援するパワーツール。

本校では、インターネットの教育コンテンツや、1人1台所有するChromebookなど「ICT」をフル活用ししています。ICTは、社会のさまざまな情報を集めて利用する力、すなわち自分を高めるための「パワーツール」。日頃の学習や生活をより便利にしていくだけでなく、近い将来、日本にも必ず訪れる「多文化共生」社会で生き抜くための「主体的な学び」にもつながっています。

ICT教育

情報収集能力を高める

校内はWi-Fi環境が整っており、いつでも、どこでもインターネットに接続することができます。生徒達はChromebookやiPadを使って、興味や関心があることについていつでも触れられる環境にあり、「情報収集能力」を高めていきます。

情報収集能力を高める

思考力や判断力、表現力を高める

これからの社会では、提案や情報をきちんと整理して、わかりやすく伝達する力がより求められます。取捨選択した必要な情報を論理的に整理し、「Googleスライド」を使って発表(プレゼンテーション)することで、「思考力や判断力」「表現力」を高めていきます。

思考力や判断力、表現力を高める

様々なe-learning教材で学力向上

Googleが提供しているG Suite for Educationを利用して小テストの配信やレポートの提出、動画の閲覧など、これまでよりも充実した環境で学びます。学校外でも「すらら」「スタディサプリ」「Classi」などのe-learning教材を使い、学力向上を目指します。

様々なe-learning教材で学力向上