台湾の中高生との交流会(プレGLEコース)

掲載日:2019.11.30

先日、台湾の屏東県私立陸興高級中学のみなさんとの交流会を行いました。

中学生6名と高校生18名の計24名のみなさんを、本校Pre-GLEコースに所属する22名の生徒(3年生)とGET(Global English Teachers)がお出迎えしました。

アイスブレークを兼ねたアクティビティの後、ペアをつくると、お互いの名前や学年などの情報交換をしていました。その後、台湾の生徒達は日本についての質問を、本校の生徒達は台湾についての質問をお互いに英語で交換しました。さすが中高生、すぐに輪が広がり、休み時間も自らコミュニケーションを取っていました。最後にはお互いプレゼント交換をすると交流プログラム第2弾の部活動体験へと向かいました。

台湾の生徒のみなさんは2グループに分かれ、茶道部と剣道部の活動を通して日本文化を体験してもらいました。茶道部の体験では、和菓子を手にすると、「いただきます」と上手な日本語であいさつをしていました。お抹茶は苦みはあったようですが、最後の一滴まで飲み干していました。それだけでなく、茶道具の名前や使い方、お茶碗をなぜ拭くのかなどの一つひとつの所作を茶道部員が英語で説明すると大変熱心に聞いていました。

剣道部の体験では実際に竹刀を持ち、基本の足の動作を練習したのち、面打ちの練習を剣道部の生徒相手に行いました。日本語で説明されても、部員の動きを真似ながら一緒に行っていました。足の動きや面打ちも大切ですが、それよりも「気迫」が大切だと言われ、大きい声を出しながら面打ちをしていました。最初は恥ずかしながらやっていましたが、最後は自らもう一回やってみたいと志願し、男女ともに楽しんでいる様子でした。

短い時間の交流でしたが、台湾の生徒のみなさんにも楽しんでいただき、また、本校の生徒達にとっても貴重なひとときになりました。