カンボジア・サービスラーニング研修 事前の学びがはじまりました

掲載日:2019.10.06

本校で行っている選択制グローバル研修のひとつ「カンボジア・サービスラーニング研修」が、12月22日(日)~28日(土)までの6泊7日で行われます。カンボジアの小学校や中学校を訪問し、現地の子どもたちとの交流を深めます。「カンボジアの子どもたちが喜んでくれるために何ができるか?」を考え、準備し、教育ボランティアを経験します。また、カンボジアの歴史や文化にも触れ、幅広い学びをします。
※昨年度の様子はこちらの記事「カンボジアでの貴重な体験~カンボジア サービス・ラーニング研修」をご覧ください。

先日、1回目の事前学習会(集い)が行われました。まずは全員の自己紹介、なぜこの研修に参加しようと思ったのか、などを生徒たちに述べてもらい、次回の集いの日にちを決めました。昨年度はこの集いを17回行い、事前の準備にあたりました。

次回の集いまでに、各自でカンボジアについて調べてくることが課題になっており、次回は調べてきたことをそれぞれ1分30秒~3分程度で発表することになっています。

今回の集いで、サービス・ラーニングとは、「目的の設定と、自己決定・実践をともなったサービス(貢献活動)とラーニング(学習活動)」であることを生徒たちと共有しました。まだ研修の目的が定まっていない生徒たちも少なからずいましたが、集いを重ねるうちに自分がカンボジアでやりたいこと、できることが見つかっていくと思います。