「解決する力」を養う
学習指導生徒たちの学びに対する興味・関心を高める指導を実践

校訓「人になれ 奉仕せよ」を実践するための力を、6年間でしっかりと身につけます。本校独自のカリキュラムで、各教科の基礎学力はもちろんのこと、大学入試を中心とした卒業後の進路実現に向けた学力をつけていきます。

6年間の教育プログラム

1年・2年

確立期

  • 基礎学力の定着
  • 家庭学習の習慣化
  • 生活習慣の確立

学習に取り組む姿勢を確立させ、基礎学力を定着させます。本校オリジナルの手帳を活用し、生徒一人ひとりの家庭学習の状況、生活リズムなどを担任が把握して、基本的生活習慣の確立を目指します。

3年・4年

定着期

  • 学習意欲の向上
  • 習熟度に応じた発展学習の実施
  • 進路学習の充実

成績によってアドバンスクラスとスタンダードクラスに分かれます。さらに、英語・数学は習熟度別クラスで授業を行い、高校の内容を一部先取り学習します。学習意欲を高めつつ、一人ひとりの学力をしっかり定着させていきます。

5年・6年

発展期

  • 希望進路に応じた選択科目の充実
  • 受験に即応できる応用力の育成
  • 進学目的を明確にした進路指導の実施

一人ひとりの進路実現のために、多くの選択科目と難易度別の授業を用意しています。外部の模擬試験も活用して、受験に対応できる応用力の育成を目指します。担任だけでなく教科担当や進路指導担当も積極的に関わることで、しっかりとした学力を育成していきます。

6年間のカリキュラム(1週間当たりの授業時間数)

1年生
  • 国語(4)
  • 社会(3)
  • 数学(5)
  • 理科(4)
  • 音楽(2)
  • 美術(2)
  • 保健体育(3)
  • 技術・家庭(2)
  • 英語(6)
  • 聖書(1)
  • LHR(1)
2年生
  • 国語(4)
  • 社会(4)
  • 数学(5)
  • 理科(4)
  • 音楽(1)
  • 美術(1)
  • 保健体育(3)
  • 技術・家庭(2)
  • 英語(6)
  • 聖書(1)
  • 地球市民講座*1(1)
  • LHR(1)
3年生
  • 国語(4)
  • 社会(4)
  • 数学(5)
  • 理科(4)
  • 音楽(1)
  • 美術(1)
  • 保健体育(3)
  • 技術・家庭(2)
  • 英語(6)
  • 聖書(1)
  • 文章力向上*1(1)
  • 地球市民講座*1(0.5)
  • 総合的な学習(0.5)
  • LHR(1)
4年生
  • 国語総合(4)
  • 地理A(2)
  • 数学Ⅰ(4)
  • 数学A(2)
  • 物理基礎(2)
  • 化学基礎(2)
  • 生物基礎(2)
  • 体育(3)
  • 保健(1)
  • 芸術(2)
  • コミュニケーション英語Ⅰ(4)
  • 英語表現Ⅰ(3)
  • 社会と情報(2)
  • 聖書(1)
  • LHR(1)
5年生
  • 世界史A(2)
  • 体育(2)
  • 保健(1)
  • コミュニケーション英語Ⅱ(4)
  • 英語表現Ⅱ(4)
  • 家庭基礎(2)
  • 聖書(1)
  • LHR(1)
  • 選択(18)*2
6年生
  • 体育(3)
  • コミュニケーション英語Ⅲ(7)
  • 聖書(1)
  • LHR(1)
  • 選択(20)*3
*1 総合的な学習の時間
*2 (5年生の選択)
[必修選択①]●現代文B ●古典B ●数学Ⅱ ●数学B
[必修選択②]●政治・経済 ●化学
[必修選択③]●世界史B ●日本史B ●地理B ●物理 ●生物
[自由選択]●小論文 ●国語特講 ●数学Ⅱ(文系) ●数学ⅡB特講α ●実践コンピュータ
*3 (6年生の選択)
[必修選択①]●現代文特講 ●古典特講 ●数学Ⅲ ●数学B(文系) ●数学ⅠA特講 ●数学ⅡB特講β ●English Writing
[必修選択②]●政治・経済特講 ●物理特講 ●生物特講 ●英語特講α
[必修選択③]●世界史特講 ●日本史特講 ●地理特講 ●化学特講 ●英語特講β
[必修選択④]●現代社会 ●倫理
地球市民講座

オリジナル授業「地球市民講座」

地球規模の課題である「持続可能な社会」の実現に向けて、多文化理解と多文化共生について学び、主体的に行動できるための力を育む学習活動です。
2年生では、宗教の観点から世界の国々について理解し、グループで学びを深めます。
3年生では、SDGsをツールとし、個人での探求活動を通して地球規模の課題や問題を理解・研究します。

総合学習

教科の枠を超えた学び「総合学習」

3年生では、世界各国からの留学生による異文化理解の講座、ジュニア・アチーブメント日本から講師を招いて経営シミュレーションを行いながら意志決定やコスト意識を学ぶ講座などを行っています。教科の枠を超え、さまざまな活動を通して「体験から学ぶ」よい機会となっています。

朝HR

朝HRでの試験の実施

中学生では基礎学力の定着のため、国語(漢字)と数学(基礎力)で朝のホームルームの時間を使って試験を行っています。合格点を設け、基準に達しない場合には追試験や補習を行い、フォローアップをしています。

大学との連携

関東学院大学との連携

大学が隣接しているメリットを生かし、連携しながら教育活動を行っています。中でも「大学理科実験講座」では、本校の中学生が大学の研究室に出向き、教授から直接指導を受けたり、大学ならではの充実した設備での実験をしたりしています。

オリジナル手業

オリジナル手帳の活用

1週間ごとの予定を書き込むことができる本校オリジナル手帳を全生徒が活用しています。学習計画や面談の記録などを残しておき、今後のステップアップにつなげます。定期的に組担任が手帳をチェックし、生徒一人ひとりの様子を確認しています。

補習・補講

補習・補講の実施

毎週土曜日の午前中は、苦手科目の克服や得意科目の力を伸長させるための補習・補講を実施しています。中学生は英語・数学を中心とし、高校生は大学入試を意識した受験に向けた講座を実施しています。また、夏休みなどの長期休暇中にも補習・補講を実施し、学力向上を目指します。

自習室

自習室・アシストルーム

朝や放課後には自習室を開放し、生徒たちが落ち着いて学習できる環境を整えています。高校生は届け出をすることで、最大19時30分まで自習室を利用することができます。また、教員室の前にアシストルームがあり、生徒達がいつでも教員に質問ができる環境があります。

Chromebook

Chromebookの導入

2年生から4年生の生徒たちは個人用のChromebookを使用し、授業での利用だけでなく、オンライン教材での学習、レポートの提出や日常の情報収集など幅広く活用しています。メディアリテラシーやタイピング操作を身につけることで、今後より進む情報化社会への対応、大学入試での導入が進むCBT*へも対応していきます。 * 問題用紙やマークシート用紙などを使わず、コンピュータで受験するテスト