校長のつぶやき(5)~今年の花の日礼拝は~

掲載日:2018.06.18

校長のつぶやき(5)
2018年6月18日
今年の花の日礼拝は……

礼拝の奨励を、今年はなんと!NPO法人「森は海の恋人」の代表で理事長の畠山重篤(はたけやましげあつ)氏にご担当いただきました。氏には、2014年2月に高校生対象の特別講座で素晴らしい講演をいただいたとのこと(小職の入職前)。すでに4年が経過し、今回もご快諾をいただき、あらためて中高生全員に花の日礼拝での説教となりました。

NHKで何度かNPO法人「森は海の恋人」の活動が取り上げられていますし、畠山氏ご自身も2017年3月にNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介されています。また、小中学生の国語の教科書や高校の英語の教科書にも活動内容が教材として取り上げられていますから、大人より子どもたちの方がよく知っているかもしれません。

牡蠣の漁師さん。京都大学との連携でもお仕事をされていらっしゃる。牡蠣と海、里山、森、川の関係を分かりやすく説明してくださいました。地球環境についてもオーストラリアのジュゴンの生息地域の特色の例などから、環境を考えるいろいろなお話もいただきました。

畠山氏ご自身、バプテスト派のキリスト者でいらっしゃいます。この日の奨励、聖書との関連は、活動がいよいよ有名になり国際的な場での説明も求められるようになって、はたと困った「NPO法人『森は海の恋人』を英語で説明するとすれば、、、」が、行き着くところ旧約聖書詩篇42:2の聖句、それに倣って、「The sea is longing for the forest , and the forest is longing for the sea.」になったということでした。楽しく拝聴させていただきました。ありがとうございました。

校長のつぶやき(5)~今年の花の日礼拝は~