校長のつぶやき(27)目をまっすぐ前に…

掲載日:2019.02.04

聖書に次の言葉があります。

「目をまっすぐ前に注げ。あなたに対しているものに、まなざしを正しく向けよ。どう足を進めるかをよく計るなら、あなたの道は常に確かなものとなろう。」(旧約聖書『箴言』 4:25~27)

皆さんが自分の足で歩むのは、おおよそ10年後。その時、その時代に確かな「個」として歩むために、いま、足をどう進めるのか。自分らしく計ることが大切です。

AI、RPA、IoT、ロボットが日常に浸透しているでしょう。グローバルでボーダーレスな交流と共生が社会の隅々にあるでしょう。国籍や国境を超えて、フラット化がますます進んでいるでしょう。しかし一方で、混じり合うがゆえに、逆の厳しい分別化が深まるかもしれません。大きく変わる社会に対し、揺らがない「個」をしっかり育てることが大切です。

あなたは、あなた一人で、あなた以外の何者でもありません。まず、自分を認め、受け入れる。世界というキャンバスに夢を描きながら、期待とともに学ぶ。恐れずに、豊かに経験する。そして、自分をあらためて俯瞰(ふかん)し、主体的に自分を創造していく…。

入試が終りました。さあ!スタートです。