京都・奈良研修に行ってきました

掲載日:2019.01.17

昨年の12月25日~28日の4日間、京都・奈良研修を行いました。

この研修へ参加する生徒たちは、1学期後半から夏休みも含めて、月1回事前学習を行ってきました。この研修の特徴は、「参加者一人ひとりが各自の研修テーマに沿って研修プランをたてる」ことです。いわゆる修学旅行とは異なり、各自が興味を持ったテーマに基づいて見学等をする内容になっています。京都を訪れる外国人に関して調べてきた生徒もいれば、西陣織に関して知識を深めてきた生徒もおり、研修テーマはさまざまです。

研修初日は、お世話になる旅館へ荷物を預け、すぐに解散。それぞれが立てたプランにそって京都の名所へ向かって行きました。初めて京都・奈良を訪れた生徒も多く、ときに電車やバスを間違えながらも目的地にたどり着いていました。大きな問題もなく最終日を迎え、全員で天龍寺へ研修に行きました。雪が舞う天候の中、和尚さんから貴重なお話をいただきました。天龍寺の歴史、雲龍図に関して教えてもらいながら、日頃ゆっくり考えたこともなかった人生、自分の将来、学ぶことの意義などに関して触れました。

今回の研修はまだ終わっておらず、それぞれの発表が待っています。実際にその土地へ行ってみて分かったこと、肌で感じたことなどをまとめていきます。より「学び」を深めていき、次の課題へと繋げていってほしいと思います。