宗教改革記念礼拝をまもりました

掲載日:2018.11.01

本日(11月1日)と昨日(10月31日)の2日間、中高それぞれで宗教改革記念礼拝をまもりました。

1517年10月31日、マルティン・ルターがヴィッテンベルク城教会の扉に『95ヶ条の論題』を張り出したことから宗教改革が始まりました。この宗教改革をきっかけにして、プロテスタント教会が誕生します。私たち関東学院六浦は、プロテスタント教会のバプテスト派によって設立された学校です。

中学校の宗教改革記念礼拝には、日本福音ルーテル横浜教会の市原悠史牧師をお招きし、説教をしていただきました。
マタイによる福音書の中にある「あなたがたは世の光である」という一節を取り上げられ、私たち一人ひとりは輝く光のような存在であること、また「信じるから救われる」のではなく、「救われていることを信じよう」というメッセージをいただき、輝いている自分を大切にすることを学びました。