アラスカ研修(その3)

掲載日:2018.02.25

本日は第3回アラスカ研修(その3)をご紹介いたします。

2日目の夜は雪上車で近くの丘に登り、オーロラを観測します。
21時30分、チェナホットスプリングス(滞在地)から山頂に雪上車に乗って移動しました。移動中はかなり揺れましたが、約30分間で到着しました。モンゴルの移動式住居のゲルのようなテントが一つだけあり、その中で暖をとりました。そこでカメラなどの荷物を置き観測の準備をしました。

なかなか雲が切れないため、テントの中でカップラーメンを食べながらかなり長い時間オーロラの出現を待ちました(満月に近い状態の月だけはきれいに見えていました)。
そのうちわずかですが、オーロラが出現したため、あわてて写真を撮りました。ここは周りの明かりが一切ないので絶好の観測地なのですが、今回は発達したオーロラを見ることはできませんでした。1時半すぎに山頂を出発し、帰り道もガタガタを揺られながら約20分間でチェナホットスプリングスに到着しました。