【ほぼ週刊SCS】 演劇部~新入生歓迎公演に向けて

掲載日:2018.05.05

今回は演劇部を訪ね、5月21日に行われる予定の新入生歓迎公演の練習風景をのぞきました。
公演のタイトルは「天使の声が聞こえたら」です。

思春期の中学生の女の子が道を外れそうになるけど、それを天使たちが助けていくコメディーです。

なぜ演劇部に入ったのかを部長さんに聞きました
「演劇を見ているお客さんは色々な感情を持ちながら見ていますが、自分たちの演劇を見ている間はすべて忘れて楽しく見てほしい」と思い、演劇部に入ったそうです。
練習に入ると、まるで私たちがいないかのように自然に演じていて、役に入り込み演じている姿を見て感動しました。
最初の天使と少女のやりとりを見ただけですが、とても軽快で、この後の展開が気になります。

~演劇部新入生歓迎公演~
5月21日(月)放課後、礼拝堂で行われる予定です。

できるだけ多くの新入生に放課後の歓迎公演を見てほしいと思います。
(2年SCS Y)