【ほぼ週刊SCS】 海外大学説明会に参加しました

掲載日:2018.05.02

4月24日(火)、オーストラリアの名門大学、UNSW(ニュー・サウス・ウェールズ大学)の説明会・模擬授業がICC国際交流委員会東京オフィスで行われました。
UNSWは世界大学ランキングで45位にランクインしているトップクラスの大学です。

本校では事前に告知があり、3名の高校生が参加しました。
最初に模擬レッスンが行われました。
UNSWのルイス先生から、日本とオーストラリアの教育の違いについてお話しがありました。
日本の大学は先生が教える情報を受け取る授業ですが、オーストラリアの大学は自ら進んで学び、先生がそれをバックアップする形だそうです。
大学では実践力やコミュニケーション力を大事に授業を行うということでした。

実践力を試すため、2チームに分かれて、ストローとテープで建物を作るゲームを行いました。
長時間建物が建っていることを争いました。私の入っていたチームはすぐに倒れてしまい、優勝できませんでした。しかしとても楽しい時間を過ごせました。

続いて、広報担当のデイビット先生よりUNSWの立地、留学制度などについてお話しいただきました。

クラブ活動についてもお話しいただき、ディズニー・プリンセスクラブやカップケーキ部、ハリーポッター部などがあると聞きたいへん驚きました。
海やシドニーの中心街が近く、治安のよさそうな場所でした。

正直なところ何となく参加した感じでしたが、現地の方のお話を聞いてみると、オーストラリアやUNSWでの生活がイメージでき、強く興味を持ちました。
教頭先生に伺ったところ、今後も学校外での説明会などについて、随時案内してくださるそうです。
皆さんも海外大学の説明会にぜひ参加してみてください。

(4年SCS U)