カナダ研修(カルガリー)オリエンテーション

掲載日:2017.07.25

カナダ研修(カルガリー)からの報告その2です。

初めてANNE’S Language House に登校しました。こちらではよく見られるレンガ色の素敵な建物の2階にあります。生徒たちは透き通る青空の中、長旅の疲れもとれ元気に登校してきました。

この日はレベルチェックテストとオリエンテーションがありました。生徒たちは各自の英語力に応じていくつかのクラスに分かれますが、クラスではいろいろな国から来ている他の生徒たちと一緒になるので、コミュニケーション力を駆使し、新しい友人を得る大きなチャンスとなります。

オリエンテーションでは、カルガリーでの生活の仕方、注意すること、ANNE’S Language Houseでのルール、そして研修の意味などをお話ししていただきました。そして今回の研修でバディとなって生徒たちをサポートしてくれるお二人の学生さんからもお話をいただきました。お1人はカルガリー大学で数学を学ぶニック君です。もちろん英語での自己紹介ですので、生徒たちは聞き取るのに相当苦労したようです。これからの研修で、徐々に聞き取りができるようになり、コミュニケーションをとれるようになるでしょう。

もう1人は日本からSAIT(Southern Alberta Institute of Technology)に来て、建築を学ぶユイカさんです。なぜカルガリーで学ぶのか? どのような苦労があるか? など海外の学校で学ぶことについて、生徒たちに話をしてくれました。これからの研修でも、生徒たちにいろいろとアドバイスをくれます。

この日は土曜日でしたので、午後は自由になります。女子5人は街を散策したり、ファミリーと過ごしたりゆっくりと楽しむようです。男子7人はオプションで申し込んだボー川のラフティングです。大変穏やかな川なので、カルガリーの自然を満喫しながら、ボートでランチをとったり、景色を眺めたりして楽しんでいました。このラフティングには、スイスから来てこれから一緒に学ぶベン君も一緒に参加してくれました。生徒たちは、これから英語での会話を楽しんでくれることでしょう。

最後には、川の中に入ったりしてボー川のラフティングを十分にエンジョイしていました。

 


 

次の日は日曜日でレッスンはありません。ファミリーと楽しい一日を過ごしてください!

********************

これまでのカナダ研修(カルガリー)のブログ記事

カナダ研修(カルガリー)出発!