女子ラグビー部高校生が茨城国体へ県代表で参加しました

掲載日:2019.10.05

10月1日(火)~3日(木)の3日間、茨城県ケーズデンキスタジアム水戸にて「いきいき茨城ゆめ国体ラグビーフットボールの部」が開催され成年女子の部に、本校6年生(高3)の牛嶋菜々子と5年生(高2)篠原憩が神奈川県代表として参加しました。

初日のグループリーグをトップで通過、2日目のトーナメントでは惜しくも敗れ「6位」という結果でした。

牛嶋 菜々子
はじめて参加した本国体は、6位という結果に終わってしまいました。ですが優しい先輩方と共に戦うことができたこと、レベルが高い選手達のプレーを間近で見ることができたことは、私にとってとてもいい経験になりました。
来年も国体メンバーに選ばれて、国体でリベンジしたいと思います。今回はたくさんの応援ありがとうございました!

篠原 憩
私は今回、国体に参加させて頂く機会を得られ、大人の方や先輩達と一緒にプレイするということで緊張や不安が多くありました。私自身、結果的には多くの悔いが残る試合になってしまいましたが、先輩方とのラグビーでたくさん得られるものがありました。試合中の声かけ、常に冷静で焦ることなく落ち着いたプレー、最後まで諦めず追いかけるプレーを間近で見ることが出来、すごく良い経験をさせていただきました。
また、先輩方はラグビーに対する意識を常に高く持っていて、試合以外の場面でも勉強になることが多くありました。例えば、各自がmy氷嚢やゴルフボール、テニスボールなど自分に必要なケアがいつでも出来るように準備されていました。隙があったらふくらはぎをほぐしたり、ストレッチをしたり、次の日に疲労を残さないための小さな積み重ねがプレーにも繋がっているんだなと思いました。
この大会で見つけた課題や吸収したことを次の全国大会へ繋げていきたいです。