新しいキャリア教育はじまる

掲載日:2019.10.01

9月27日(金)、東京都港区虎ノ門にあるIHG・ANA・ホテルズグループジャパン本社にて「JA Quick Mentoring~グローバルなホテルグループの世界を覗いてみよう~」が行われ、本校生徒29名(4年生14名・5年生15名)が参加しました。

Quick Mentoring(クイック・メンタリング)とは、生徒たちが、自分の進路や夢の実現のためにどのようにすれば良いのか、というテーマでグローバル展開をしている大企業(IHG・ANA・ホテルズグループジャパンは、世界で6,000軒を超えるホテルと30万人の従業員を擁しています)の社員たちとディスカッションをおこなう、新しいキャリア教育の手法であります。

会場となったIHG・ANA・ホテルズグループジャパン本社では、本校生徒が積極的に社員の皆さまに質問や意見を述べ、社員の皆さまも適切な助言を生徒たちに投げかけていました。外資系会社であるので外国人の社員もいて、生徒たちが英語でメンタリングを始めると、その場に同席していたIHG・ANA・ホテルズグループジャパンの清田最高執行責任者(COO)様からも「素晴らしい生徒たちだね」というお褒めの言葉もいただきました。

クイック・メンタリング終了後は、近隣にある同社のANAインターコンチネンタルホテル東京に場所を移して、生徒と社員の懇親を目的とした「アフタヌーンティーパーティ」がおこなわれ、キャリアの話をはじめ、生徒たちの大きな夢について、より具体的な話しとなり、和やかな中にも一本芯の通った会話が弾みました。会が終了後も社員様たちと記念撮影をするなど、短時間ではありましたが貴重な時間を持つことができました。