【ほぼ週刊SCS】 吹奏楽部 サマーコンサート

掲載日:2018.07.24

6/24(日)、毎年恒例となった吹奏楽部サマーコンサートが行われました。会場となった本校礼拝堂には多くの方が集まりました。開始前、14:45からは初の試みとなるサキソフォンアンサンブルが行われ、「美女と野獣」が演奏されました。4種類のサックスで奏でられた美女と野獣にどこか特別な雰囲気を感じました。

〜1st stage〜
「マーチ・シャイニングロード」
昨年度の全日本吹奏楽コンクール課題曲。オープニングにふさわしい明るい曲でした。

「君に出会えたから」
miwaによる学生応援のために作られた一曲。こちらも明るく会場を盛り上げた一曲でした。

「楽器紹介〜森の音楽隊〜」
学校内で行うコンサートでは恒例となっている森の音楽隊。様々な森のくまさんを聞きながら楽器の特長を知ることができました。

「行進曲 海兵隊」
今年度入部した1年生が初めて先輩方と演奏するサマーコンサートの定番曲。夏を感じさせてくれる一曲でした。

「AKB48 サマーコレクション」
AKB48の曲から夏をテーマに厳選したメドレー。ステージには関六版AKB48である「KGM48」が登場。キレッキレのダンスを披露しました。

「青い珊瑚礁」
松田聖子さんのヒット曲。演奏中には関六オリジナルPVも放映されました。

「ディズニー・アット・ザ・ムービー」
ディズニー音楽のうち有名なものから知る人ぞ知るものまで15曲が選ばれたメドレー。部員がミッキーなどのグッズを身に着けながら演奏しました。

〜2nd stage〜

「蒼の躍動」
今年度の吹奏楽コンクール課題曲。4部構成となっていて、他の曲よりも力がありました。

「たなばた」
一年に一度しか会えない織姫と彦星の出会えた喜び、別れてしまう悲しみをさわやかに描いた一曲です。

ここで引退する6年生の紹介と、部長さん、副部長さんから一言がありました。

〜アンコール〜
「宝島」
サマコンでは定番の一曲が、今年はアンコールで演奏されました。個人的にこの曲を聞くと夏を感じます。

「エル・クンバンチェロ」
吹奏楽部の十八番である一曲これで終わってしまうのかというちょっとした寂しさとともに吹奏楽部らしさを一番感じられました。

本日24日、神奈川県民ホールで吹奏楽コンクールの横浜市大会に出場します。吹奏楽部からまだまだ目が離せません!

(SCS4年 U)