受験生の皆さんへ/to Student

中学合唱コンクールを終えて


中学合唱コンクールを終えて

 2月15日(金)神奈川県立音楽堂にて中学合唱コンクールが行われました。
 今年度から会場を本校礼拝堂から神奈川県立音楽堂に移し、音楽専用ホールでより充実した合唱コンクールを行うことで、生徒達のさらなる成長の機会となりました。

 午前中はリハーサルが行われ、生徒達は演奏時の舞台への行き方や並び順などを確認し、さらに係に付いている合唱委員は各係の仕事を確認しました。今回は初めての校外での合唱コンクールという事もあり、このリハーサルは特に念入りに行われました。
 そして午後1時。いよいよ開演です。
 はじめは2年生の部。課題曲の讃美歌と自由曲を各クラスが歌いました。1年生の時より歌詞に思いを込めて歌う事が出来、曲の雰囲気が良く伝わる演奏でした。
 休憩を挟み1年生の部。初めての合唱コンクールで緊張した面持ちでしたが、いざ歌い出すと元気いっぱいに歌い、会場に初々しい歌声を響かせました。
 そして最後は3年生の部。3年生は1年間の集大成であると同時に中学校3年間の集大成の演奏でもあります。準備の段階からどのクラスも積極的に練習し、特に音楽的な事を追及していく姿は3年間の成長を感じられると共に、本番での演奏が大いに期待されました。その期待通り本番での演奏はリズム、メロディー、ハーモニーという音楽の3要素と曲の雰囲気をしっかりと表現する事ができ、また、3年間で最後の演奏という思いも歌に乗せ、見事な歌声を会場に響かせました。

 合唱コンクールは中学校3年間のみの行事ですから、本番は3回しかありません。しかし、そのたった3回の本番を作り上げるために、生徒達はたくさんの事を学び、成長していきます。その中でも、演奏会を作り上げるためには舞台に出る人以外の多くの方の協力が必要という事に生徒達は気づきます。また、合唱を通して共に一つのものを作り上げる喜びは何事にも変える事は出来ません。中学生はこの行事で大きく成長し、進級、卒業して行きます。この合唱コンクールで頑張った事、学んだ事を忘れずに成長していって欲しいと願っています。

音楽科 深野 基