受験生の皆さんへ/to Student

メダリスト羽根田卓也さんの講演会を行いました

12月8日(木)、本校礼拝堂にて、羽根田卓也さんによる特別講演会を行いました。

 

羽根田さんは、今夏行われたリオデジャネイロオリンピックでカヌー・スラローム男子カナディアンシングルに出場。銅メダルを獲得し、カヌー競技五輪史上、日本人初のメダリストとなりました。当日は、2年生から4年生の生徒、および保護者の皆様などが参加し、羽根田さんのオリンピックメダル獲得までの軌跡の話に耳を傾けました。

羽根田さんは、7歳の時に器械体操を始め、9歳になるとカヌー選手だった父親の影響でカヌーを始めます。その後、地元愛知県の中学、高校と進学。高校時代にはカヌー・スラローム競技のNHK杯やアジア選手権で優勝、また、世界選手権にも出場するなど輝かしい実績を挙げます。しかし、世界で活躍する選手との実力差を痛感し高校卒業後は、カヌーの強豪国であるスロバキアに単身で渡り海外選手と同じフィールドで練習を重ねます。その後、2008年の北京オリンピックでは14位、2012年のロンドンオリンピックでは7位入賞と順位を着実に上げ、今年2016年のリオデジャネイロオリンピック カヌー・スラローム男子カナディアンシングルで銅メダルを獲得しました。

講演会では、関東学院大学の吉原教授と羽根田さんとの対談形式で行われ、事前に生徒達から集めた質問をもとに話を進めていきました。生徒からは「気持ちのコントロールはどのようにしているのか」「単身で海外に渡りトレーニングを積むことに不安は無かったのか」など多くの質問が寄せられ、羽根田さんは、その質問一つひとつに丁寧に答えてくださいました。さらに、「メダルを触らせてほしい」という生徒からのリクエストにも快く応じてくださり、銅メダルを掲げて見せた際には、生徒達から大きな歓声が上がりました。

現在は、次の大会に向けトレーニングを進めているという羽根田さん。「『急がば回れ』が自分のポリシーです。地道な日々の積み重ねこそが、目標達成への一番の近道だと思っています。一つひとつ自分の身近なものから取り組んでいくことが大切で、そんな日々の練習が自信にも繋がってきます。ですから、これから全く違うことをするというよりも、今までの練習の質を高め、更に意識を高くもって、2020年の東京オリンピックを目指していきたいと考えています」と今後の目標を熱く語りました。