受験生の皆さんへ/to Student

ニュージーランドの名門校と国際交流の協定

2月29日(月)、関東学院大学関内メディアセンター(横浜市中区)にて、ニュージーランドのクライストチャーチ・ボーイズ・ハイスクール(C.B.H.S.)と、ラグビーと教育を通じての国際交流進めていく協定を結びました。


左:黒畑勝男(関東学院六浦中学校・高等学校 校長)
中:ミサ・ピット(駐日ニュージーランド大使館Senior Market Development Manager)
右:ニック・ヒル(クライストチャーチ・ボーイズ・ハイスクール 校長)

今回の協定を締結することで、ラグビーを契機にする国際交流を進めていく予定です。具体的には、ラグビー部に所属する生徒がクライストチャーチ・ボーイズ・ハイスクールに留学し、ラグビーの技術向上を目指すとともに、ニュージーランドでの異文化体験や語学学習などを重ねます。

また、ラグビー部に所属しない生徒の留学プログラムも設定する予定です。学費優遇で経済的ハードルを下げた施策を設け、グローバル化に対応する人材育成プログラムを実施します。この他にも、同校の生徒を本校で受け入れることで、異文化体験の機会を設けていく予定です。