沿革/History

関東学院六浦中学校・高等学校の沿革

  • 1884年(明治17年)
    横浜山手に横浜バプテスト神学校が設立された。
  • 1895年(明治28年)
    東京築地に東京中学院が設立された。
  • 1919年(大正8年)
    私立中学関東学院の設立が認可された。初代学院長は坂田祐。
  • 1945年(昭和20年)
    横浜大空襲によりコンクリート校舎を残して施設の3/4を焼失。
  • 1946年(昭和21年)
    横浜市金沢区六浦町の海軍航空技術廠跡(現在の校地)の使用を許可され、中学部および工業専門学校を三春台から六浦に移転する。
  • 1947年(昭和22年)
    学制改革により新制中学校を発足。
  • 1948年(昭和23年)
    学制改革により新制高等学校を発足。
  • 1953年(昭和28年)
    六浦の中学・高等学校の分校を三春台の中・高から独立させ、関東学院六浦中学校・関東学院六浦高等学校の設立が許可された。
  • 1964年(昭和39年)
    2階建コンクリート校舎(3号館)が完成する。
  • 1967年(昭和42年)
    3階建コンクリート校舎(2号館)が完成する。
  • 1974年(昭和49年)
    体育館が落成する。
  • 1977年(昭和52年)
    本館・礼拝堂が落成する。
  • 1984年(昭和59年)
    特別教室棟(4号館)が落成する。
  • 1993年(平成5年)
    1号館(中学校舎)建て替えによる新校舎竣工。
  • 1996年(平成8年)
    高校の「理系特別進学コース」「文系特別進学コース」を外部受験クラスに変更。
    礼拝堂にパイプオルガンを設置する。
  • 1998年(平成10年)
    3号館(高校校舎)建て替えによる新校舎竣工。
  • 1999年(平成11年)
    土曜講座を開講する。
  • 2006年(平成18年)
    校訓のもと「共に励まし合う人」「社会に奉仕する人」「平和を尊重する人」という教育目標を明示する。
  • 2007年(平成19年)
    新入生より「確立期」「定着期」「発展期」の制度を実施。
  • 2008年(平成20年)
    2号館建て替えによる新校舎竣工。
  • 2009年(平成21年)
    併設型中高一貫教育校に移行。
    礼拝堂を改修。ステンドグラスを設置。