関東学院六浦小学校

学校生活

1年間の行事前期/後期

  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2月
  • 3月

施設

人工芝グランド

人工芝グランド

本校のグランドは人工芝グランドです。65m×37mのサッカーのピッチ1面分の広さです。児童の安全に配慮し、水はけも大変よく、雨や雪の後でも快適に使用することができます。子どもたちはこのグランドで思いっきり体を動かして遊ぶことができます。

体育館

体育館

本校の体育館はミニバスケットコートが2面。屋内フットサルのコートに換算すると1面分の広さがあります。照明も、環境に配慮したLEDを使用しています。

礼拝堂

礼拝堂

本校の礼拝堂は、600名収容可能な大きさです。毎日低学年と高学年が交代で礼拝をこの礼拝堂で持っています。また、クリスマス礼拝など、年に数回の特別礼拝では、全校児童が一同に会して、礼拝を守っています。

電子黒板

電子黒板

本校には、電子黒板が2台あります。算数や英語の授業を中心に各教科で使用されています。また、校内には無線LANがどこでも使用できるようになっており、どこからでも教員のコンピューターやiPadでインターネットに接続できるようになっています。

安心・安全ホットライン

災害時にまさかの時のお守り「CoCoねっと」と私立学校間の帰宅困難児童生徒を保護しあう協力体制「避難校ネット」。

大きな地震など災害が発生したとき、我が子がどこにいるのかが一番の問題です。地震発生前に下校した場合、登下校メールシステムにより、保護者宛下校メールが配信されています。逆に、メールが来てなければ、学校にいるのが分かりひと安心できます。
問題は、災害時に下校途中の場合です。電車はストップし、最寄駅で下ろされてしまいます。下校時刻がわかるので、ある程度は、どの辺にいそうかがわかります。

本校では、それに加えて、「災害時被災報告システムCoCoねっと」を導入し運用してまいります。
このシステムは、先の大震災の際に、学校からの連絡を保護者の方々にするのに、電話や携帯メールが中々通じなかった経緯を踏まえ、一斉メールによる連絡体制と並行して、緊急連絡のための携帯サイトを設定しています。保護者の方が、インターネットのサイトでその情報を見て、返信を直接サーバーに書き込むことができます。また、児童が、学校外で被災した場合は、児童と保護者間で連絡を取り合える伝言板機能を有しています。

また、東京・神奈川の私立学校同士で、帰宅困難児童生徒を保護し合う「避難校ネットワーク」により、東京・神奈川の他の私立学校(小中高)に避難した場合、学校間で情報共有できる体制を整えております。
その際、「CoCoねっとカード」を提示いただき、保護していただいている学校で登録いただくと、保護者側でも、どこの学校に保護されているのかが把握できます。

本システムは、学校専用のサイトで、利用者制限をしており、インターネットに接続できれば、確実に情報を登録・確認できる体制を整えています。本人が携帯電話をもっていなくても、避難所などのパソコンや他の人の携帯電話を使って、「災害時被災報告CoCoねっとカード」に記載されているアドレスにログインして、利用することができます。このカードを児童、保護者の方が常時携帯することで、様々な「まさか」の事態に備えることができます。

登下校時に災害発生

避難校ネットワークとは

3.11から4年、私立学校は震災時に連携して
こどもたちの安全を守ります
~緊急避難校ネットワーク~

4年前の東日本大震災のとき、下校中のこどもたちが帰宅困難に陥り、駅などで不安な時間を過ごしたことは記憶に新しいところです。一般財団法人東京私立中学高等学校協会はこれを教訓に、震災時に首都圏全体でこどもたちの安全を守るための緊急避難校ネットワークの構築を目指しております。そこで手始めに昨年10月1日より本協会が運用実施しておりましたが、この度、下記の団体との間で連携が整い、4月1日から運用開始となりましたので、お知らせいたします。

名称
 登下校時の緊急避難校ネットワーク

連携団体と会員校数   合計650校
【東 京】
○一般財団法人東京私立中学高等学校協会(中学校186校、高等学校240校)
○東京私立初等学校協会(小学校54校)
【神奈川】
○一般財団法人神奈川県私立中学高等学校協会(中学校58校、高等学校80校、中等教育学校3校)
○神奈川県私立小学校協会(小学校29校)

ポイント
(1)登下校中に地震が発生し、こどもたちが学校や自宅にたどり着けなくなってしまった場合、上記団体に加盟する私立小学校・中学校・高等学校は、避難してきたこどもたちを(私立、国立、公立を問わず)学校内で保護します。

(2)保護したこどもが連携する学校の生徒等であれば、連携団体専用Webシステム『避難校ネット』を利用してその所在と安否の情報を在籍校に提供することができます。

避難校ネット

閉じる

4月 1年生歓迎遠足

1年生歓迎遠足では、全校児童が縦割りグループを作り、各グループのリーダーに従って海の公園まで自分たちの力で行きます。そして、1年生を歓迎する為に1年生の好きな砂のアート作りをしたり、プレゼントのアサリをグループのみんなで協力して集めてあげたりします。

4月 1年生歓迎遠足
閉じる

5月 運動会

1951年に本校の運動会は始まりました。運動会では、伝統の競技である各クラスから選抜された選手による紅白リレーや、異学年がペアになる縦割り種目、低・中・高学年による演技など、まさに総合的体育活動の場となっています。それだけではなく、新聞係による新聞の発行は、朝刊や夕刊などをタイムリーに発行し、その日の速報を伝えるという作業を子どもたちが伝統的に行っています。

5月 運動会
閉じる

6月 花の日礼拝

本校では、花の日礼拝をはじめとする特別礼拝が年に数回行われています。花の日礼拝では、全校児童が集めた献金でお花を買い、日頃お世話になっている駅や、交番、消防署、官公庁を初めとする各施設に高学年児童がお花を持って慰問に訪れます。

6月 花の日礼拝
閉じる

7月 夏の夕べ

夏休み前の最後の土曜日の夕方。子どもたちの楽しみにしている「夏の夕べ」があります。夏休みに入る前に、子どもたちと保護者と先生が共に学校で集まり、夏祭りのように過ごすイベントです。その中でも「子どもステージ」は大人気コーナー。先生方のバックバンドに合わせて踊ったり、演奏したり、歌ったり。楽しい夏の夕べが、音楽と共に暮れていきます。

7月 夏の夕べ
閉じる

8月 タイ訪問団

夏休み中も、関東学院六浦小学校はイベントがたくさんあります。アメリカンキャンプで英語に磨きをかけたり、まめ記者講習会で新聞作りに没頭したり、2003年から行われているタイ訪問団に参加して国際交流を持ったりと、休んでいる暇はありません。夏休みにしかできない体験がたくさんあります。

8月 タイ訪問団
閉じる

9月 自然学校

関東学院六浦小学校で自然学校が始まったのは、1952年のことでした。その後、全学年が自然学校に出かけるようになったのは、1955年からです。その中で、6年生の自然学校は1954年から今までずっと同じ場所(清里の清泉寮)で続けられてきました。

9月 自然学校
閉じる

10月 創立記念礼拝

関東学院の歴史は、1884年アメリカ・バプテスト教会の宣教師たちの手によって、港横浜の山手に横浜バプテスト神学校が創設されたその時からはじまります。(関東学院百年史 関東学院六浦小学校 元校長 柳生 直行 先生の 刊行のことばより 引用)関東学院では毎年この日に全学の教職員が集まり、学院歌を歌い、創立当初の先人の先生方の思いに心を寄せ、礼拝を持ちます。

10月 創立記念礼拝
閉じる

11月 マラソン大会

1956年から続く伝統行事。マラソン大会では、1・2年生は、1100m。3・4年生は、1800m。そして5・6年生は2800mを走ります。かつては平潟湾を一周していたこともあると言うマラソン大会は、今は野島公園の中を落ち葉を踏んで走ります。距離が変わらないので今までの歴代の記録が毎年のこどもかんらんに掲載されています。

11月 マラソン大会
閉じる

12月 クリスマス礼拝

関東学院六浦小学校の特別礼拝の中でも、一番大切にされているのがクリスマス礼拝です。クリスマスページェントでは、5年生が聖書に出てくる登場人物を演じ、6年生が聖書の物語を暗唱して朗読します。全校で持つクリスマスページェントでは、聖歌隊が賛美歌を歌い、全校児童もそれに合わせて高らかに賛美を献げます。

12月 クリスマス礼拝
閉じる

1月 スキー教室

1977年から続いているスキー教室は、子どもたちがもっとも楽しみにしている行事の一つです。自由のきかない雪の上で、グループの子どもたちが共に助け合い、励ましあって、最後には全員でロングコースを滑りきることで、困難に立ち向かったり、仲間と協力し合ったりする体験をします。また、雪国の生活を実際に体験し、自然環境の豊かさを実感する機会ともなっています。

1月 スキー教室
閉じる

2月 学習発表会

関東学院六浦小学校では、学習発表会と音楽発表会が隔年で交互に行われています。学習発表会では、1年生から4年生までの児童が各教科で学習したことを元に、総合的な表現活動を行います。また、音楽発表会では、音楽で学んだことを中心にして、歌と器楽発表を行っています。音楽は本校では礼拝の賛美につながる大切な教科として位置づけています。

2月 学習発表会
閉じる

3月 卒業式

関東学院六浦小学校で第1回卒業式が行われたのは、1955年3月のことでした。それから、半世紀以上関東学院六浦小学校は卒業生を送り出してきました。その数は四千人以上となりました。毎年卒業生は、赤いガウンを誇らしげに身につけ、友井先生の作詞した讃美歌439番を歌って卒業していきます。

3月 卒業式