関東学院六浦小学校

学年別成長日記

最新の記事(20件)

自然学校

 9月13日から15日の三日間、伊豆の天城山荘を宿舎として、自然学校に行ってきました。昨日まで天気が悪かったのですが、三日間天候に恵まれ、一人の欠席者もなく、実施することができました。

 初日は、伊豆で樹齢400年となる太郎杉までハイキングに行きました。清らかな滑沢渓谷の流れとわさび田を見ながら、森林浴を楽しみました。

 浄蓮の滝では、天然のクーラーを感じました。

 二日目は、八丁池へのハイキングです。八丁池は「天城の瞳」とよばれていま。私が、担任になってから八丁池に2回行っています。下見ではきれいな池の姿を見ることができましたが、本番では1回目は霧で、2回目は雨で八丁池の姿を見ることができませんでした。

今回初めて、その姿を子どもたちに見せることができました。

 三日目は、狩野川の支流でで水遊びをしました。冷たい水にびっくりしながら、カニや小魚などの小動物とふれあい、短い時間でしたが、楽しむことができました。

 

4年生自然学校 高原の自然を満喫 

 6日から8日まで、軽井沢自然学校が行われました。長野県軽井沢町にある恵みシャレー軽井沢に泊まりました。

 1日目は、鬼押し出し園を見学しました。ここでは、浅間山の噴火によって流れ出た溶岩を見ることができます。おもしろい形の岩を探したり、ヒカリゴケを見たりしました。夜は、アメリカンナイトを楽しみました。最後は、みんなでマカレナを踊りました。

 2日目は、篭ノ塔山への登山を予定していましたが、天候がわるく、池の平湿原のハイキングにプログラムを変更しました。池の平湿原では、アキノキリンソウやイワインチンやツリガネニンジンなどの高山植物を見ることができました。時折、小雨の降る中でしたが、歌を歌ったり、友達と色々なことをお話ししたりしながら、楽しそうに歩いていました。夜は、キャンプファイヤーの予定でしたが、雨のため、レクホールでミラーボールを囲んでゲームや歌を楽しみました。

 3日目の朝。雨に濡れた雫に光が差し、美しい景色を見ることができました。恵みシャレー軽井沢の森や前庭で思いっきり遊びました。栗を集めたり、ドロケイをしたり、木登りをしたりして、楽しんでいました。

 友達とともに、軽井沢の大自然の中で、楽しいときを過ごすことができました。

清泉寮到着!!

 6年生の、小学校生活最後の自然学校が始まりました。

初日の今日は、気持ちの良い天気であたたかい日差しと

ひんやりとした高原の風を感じながら、予定していたプログラムを全て終えました。

アンデレ教会での開校礼拝、農場での搾乳体験やバター作り体験、

とってもおいしい食事、レンジャーさんによる清里の自然の学び、そして夜の清泉寮散策...

どれもすばらしい体験と学びの時となりました。

  

      

          

 

明日は、天気予報だと雲ゆきが怪しいですが、どんな天気も良い天気。

清里の自然を味わいつつ、豊かな時を過ごしたいと思います。

花がさいたあと

理科の時間に、花壇でりっぱに育ったヒマワリをクラス全員でひきぬき、大きさや、からだの仕組みを観察しました。ひとつぶの小さなタネが、2mをこす大きさに成長し、またタネを作っていく。神秘的なもの感じずにはいられません。

プラネタリウムで星の観察

 理科では、「星と星座」について学んでいます。北極星の見つけ方や、夏の大三角、さそり座について、学習しました。

 今日は、先生がテントで作ったプラネタリウムの中に入り、北極星や夏の大三角を探してみました。テントの中は真っ暗で、頭上には夏の星座がいっぱい見えました。その中から、北極星や夏の大三角を見つけ、どの位置に見えるかつかむことができました。 

 明後日からは、軽井沢自然学校です。本物の美しい星空を眺められたらと、星に願いをこめて・・・。

 

 

スイカを収穫 甘くておいしかった

 昨日から、夏休み明けの学校生活が始まりました。夏休みの思い出話に、花が咲いています。

  4月に、クラスの花壇にスイカの種をまきました。みんなで、水やりや草取りをがんばり、夏休み明けに立派なスイカができました。割ってみると、真っ赤な実ができていました。甘くておいしいスイカでした。

 

 

American Summer Camp

We went on American Summer Camp to Ashigara Fureai Village. 26 students took part in this camp.

We studied English with AC (American Counselor).  Most of them came from USA. We  enjoyed "My town USA", "Dance Party", "American Carnival", "Scavenger Hunt" and "Perform Camp Song and Skit". We played the dodge ball too. When we left, we sang "Take me home, American Camp" for AC.

We will never forget the camp.

花だんの植物が大きく育っています

 暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか。今日から、合唱団の強化練習が始まりました。コンクールに向けて、がんばっています。明日から、トランペット鼓隊とサッカークラブの強化練習が始まります。暑さに負けず、がんばってください。

 学校では、花だんに植えた植物が、元気に育っています。ゴーヤやヘチマは、1階の天井を越し、2階会議室の窓まで伸びました。少しずつ、ゴーヤに実ができています。トウモロコシも大きくなりました。実ができるのが楽しみです。スイカに、4個の実ができました。毎日、少しずつ大きくなっています。こうして植物が元気に育っているのは、4年生の子どもたちが、一生懸命草取りや水やりをしたからです。

 夏の日差しに、ヒマワリの花がうれしそうに咲いています。

笑顔があふれた夏の夕べ

 今日は、子どもたちが楽しみにしていた「夏の夕べ」でした。おいしい物をいただいたり、ゲームをしたり、とても楽しいひと時でした。景品を手に、うれしそうに校内をまわっていました。子どもたちの笑顔であふれる「夏の夕べ」でした。ぶどうの会の方々のご協力、ご奉仕、心より感謝申し上げます。

 子どもステージでは、子どもたちが、歌やダンス、楽器演奏などの発表をしました。エステル組では、2週間帰りの会で練習してきたエイサーを踊りました。曲は、「七月エイサー 待ちかんてぃ」と「唐船ドーイ」です。元気に楽しく踊れました。

社会科 消防出前授業

 社会科では、消防署のはたらきについて学習しています。今日は、金沢消防署六浦出張所の消防士さんが、出前授業をしてくださいました。会議室で消防署の仕事についてお話をうかがった後、次の三つの体験をしました。一つ目は、煙体験です。煙が充満した部屋に入り、煙の中を歩いてみました。煙の部屋は、視界もさえぎられ、少し歩くだけで息苦しかったようです。煙の恐ろしさを知りました。二つ目は、消防車の見学です。ホースやはしご、サイレンなど、普通車との違いを説明していただきました。消防車に乗せていただき、座席の後ろに酸素ボンベがあることに気づいた人もいました。三つ目は、消火器の使い方です。正しい使い方を教えていただき、実際に放水してみました。なぜピンがついているのかや、どこをねらうとよいのかもわかりました。

金沢漁港~放流体験~

社会科見学で地元の金沢漁港へ行ってきました。

これから学習する水産業について、東京湾に面した金沢区ならではの水産業のお話が聞けました。

また、金沢漁港が行っている事業の一つである栽培漁業のお手伝いをさせていただきました。

愛知県の栽培漁業センターから届いた、メバルとヒラメの稚魚を漁船に乗って、八景島沖に行き、放流していきました。

この稚魚たちは3~5年後大人の魚となるそうです。

5年生の児童たちは、稚魚に「大きくなってね。」「元気でね。」と声を掛けながら、放流していました。


 

はじめてのすいえい

はじめてのすいえいがおこなわれました。
まずは、みんなで体操です。
 
一番上手なクラスは、どんどん泳いでいます。
 
 
一人ではできないこともみんなで手をつないだらできるかも?!
 
みんなが水を怖がらないように、とても楽しいプログラムが用意されています。
水が好きではなく、緊張していた子どももこの笑顔です。
 
滑り台まであって、みんな大喜びでした。
 
次回も楽しみですね。

理科の授業 ~煮干しの解剖・物と体積~

 3年生から始まった理科の授業。4年生になり、少しずつ難しいことを学習するようになってきました。どの授業も、自然科学の不思議に目を向け、積極的に取り組んでいます。

 先週は、「わたしたちの体と筋肉」と題して、人の体の骨や筋肉について学習しました。「じんたい も けい君」というお友達(人体模型)も来て、一緒に学習しました。最後に、動物の骨について学習しました。煮干しを解剖し、魚の骨のつくりを観察しました。

 今日は、「物と体積」と題して、体積について学習しました。教科書にはない単元ですが、「体積は、物が場所(空間)をとっている大きさ」ということを実感をともなって理解するために、この単元を導入しました。今日は、いっぱいまで粘土が入っている入れ物の中に、乾電池を入れるとどうなるかを学習しました。

 

お花に感謝の気持ちを込めて。6年生から地域の方々へ。

 

6月13日、花の日・子どもの日礼拝が神様にささげられました。

礼拝堂の講壇には、色鮮やかなお花がたくさん飾られ、

神様の豊かな自然の恵みに感謝しつつ、全校で礼拝をおささげしました。

放課後、礼拝堂に飾られたお花を6年生で分担し、日ごろからお世話になっている病院や駅、

警察署や消防署などの公共施設へ、感謝を込めてお花を届けに行きました。

 

お花と一緒にどんな言葉で感謝の気持ちを伝えるかうんうん悩みつつ準備し、

小雨の降りしきる中でしたが、6年生たちは全校を代表して心を込めてお花を届けていました。

 

6年生のお届けしたお花が、それぞれの施設で用いられ喜んでいただけたのなら幸いです。

 

カイコが成虫になった

5月8日にエリヤ・エリシャ組にやってきたカイコが、成虫になっているのを発見しました。休み時間に観察しました。

社会科見学

今日は、3年生になって初めての社会科見学です。学校から歩いて、駅までの様子を調べ、途中、金沢コミュニティーセンターによって、職員の方からセンターの役割について説明していただきました。その後、隣接する津波避難台に上り、周囲の様子を観察し、記念写真を撮りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

蚕が繭になった

5月8日に3齢幼虫だった蚕が本日、繭を作り始めました

第66回運動会

5回目の運動会。

イザヤ・エレミヤ組の仲間たちにとってどんな運動会となったでしょうか。

2週間の練習に励み、毎日の係活動ではそれぞれが運動会をつくり上げ、

ドキドキワクワクして迎えた運動会当日。

白熱したレースを魅せたリレー、3年生と作戦を立て練習した竹取物語、

高学年ならではの競技騎馬戦、今年は新しい旗取合戦と最強戦の勝負が加わり、力いっぱい戦いました。

そして5・6年生100人で力を合わせ、心を一つに作り上げた「組体操 百花繚乱」。

その他にも競技の合間、当日の係活動に励み、運動会を陰からつくり上げていきました。

真剣な顔も、嬉しそうな顔も、悔しそうな顔も、どの場面も名場面でした。

この運動会で学んだこと、これからの5年生に活かしていきましょうね。

第66回運動会 ~心を一つに、全力で~

 今日は、第66回運動会でした。4年生にとっては、初めて、係活動をし、上級生として参加した運動会でした。また、踊りを踊る最後の運動会でもあります。

 4年生は、3年生と一緒に、鳴子を持って「よっちょれ」を踊りました。2週間、朝練にも多くの児童が参加し、キレのある踊りができるようになりました。本番でも、精一杯かけ声をかけ、力一杯踊ることができました。2年生と一緒にやる「台風の目」や、3年生とやる「つな引き」では、下級生に「がんばったね。」と声をかけ、上級生らしい姿を見ることができました。

 運動会までの2週間、5・6年生のお兄さん・お姉さん達と一緒に、係活動を通して、様々な準備をしてきました。また、当日運動会を動かしていたのは、係活動をがんばっていた上級生のかげの力です。子どもたちが協力して作った運動会です。

 子どもたち一人一人のがんばりと奉仕の心があったからこそ、感動ある運動会になったのだと感じました。

第66回運動会

三年生にとっては、三度目の運動会。

新しいクラスメイトとともに気持ちを新たに望みます。

三年生の主な競技は、竹の棒を取り合う「竹取物語」、三年生と四年生の二学年でおどる「よっちょれ」、様々な障害物を乗りこえて走る「障害物走」、四年生と心を一つに引っ張る「綱引き」をします。

特に「よっちょれ」は、授業の時間以外にも、朝の時間や休み時間を使い、練習に励みました。

一、二年生のころとはうって変わった気迫あふれる演技に、多くの見る人の心を動かしたと思います。


 

 

今回の第66回運動会は白組の優勝でした。白組は大きく手をあげて喜び合い、赤組は健闘をたたえて拍手を送ってくれました。

来年の運動会は上学年の四年生として出場します。勝ち負けだけでなく、運動会を自分たちの手で作り上げるかっこいい上級生を目指して、これからも仲間たちとともに学校生活を頑張っていきましょう。