関東学院六浦小学校

安心・安全ホットライン

安心・安全ホットライン

災害時にまさかの時のお守り「CoCoねっと」と私立学校間の帰宅困難児童生徒を保護しあう協力体制「避難校ネット」。

大きな地震など災害が発生したとき、我が子がどこにいるのかが一番の問題です。地震発生前に下校した場合、登下校メールシステムにより、保護者宛下校メールが配信されています。逆に、メールが来てなければ、学校にいるのが分かりひと安心できます。
問題は、災害時に下校途中の場合です。電車はストップし、最寄駅で下ろされてしまいます。下校時刻がわかるので、ある程度は、どの辺にいそうかがわかります。

本校では、それに加えて、「災害時被災報告システムCoCoねっと」を導入し運用してまいります。
このシステムは、先の大震災の際に、学校からの連絡を保護者の方々にするのに、電話や携帯メールが中々通じなかった経緯を踏まえ、一斉メールによる連絡体制と並行して、緊急連絡のための携帯サイトを設定しています。保護者の方が、インターネットのサイトでその情報を見て、返信を直接サーバーに書き込むことができます。また、児童が、学校外で被災した場合は、児童と保護者間で連絡を取り合える伝言板機能を有しています。

また、東京・神奈川の私立学校同士で、帰宅困難児童生徒を保護し合う「避難校ネットワーク」により、東京・神奈川の他の私立学校(小中高)に避難した場合、学校間で情報共有できる体制を整えております。
その際、「CoCoねっとカード」を提示いただき、保護していただいている学校で登録いただくと、保護者側でも、どこの学校に保護されているのかが把握できます。

本システムは、学校専用のサイトで、利用者制限をしており、インターネットに接続できれば、確実に情報を登録・確認できる体制を整えています。本人が携帯電話をもっていなくても、避難所などのパソコンや他の人の携帯電話を使って、「災害時被災報告CoCoねっとカード」に記載されているアドレスにログインして、利用することができます。このカードを児童、保護者の方が常時携帯することで、様々な「まさか」の事態に備えることができます。

登下校時に災害発生

避難校ネットワークとは

3.11から3年、私立学校は震災時に連携して
こどもたちの安全を守ります
~緊急避難校ネットワーク~

3年前の東日本大震災のとき、下校中のこどもたちが帰宅困難に陥り、駅などで不安な時間を過ごしたことは記憶に新しいところです。一般財団法人東京私立中学高等学校協会はこれを教訓に、震災時に首都圏全体でこどもたちの安全を守るための緊急避難校ネットワークの構築を目指しております。そこで手始めに昨年10月1日より本協会が運用実施しておりましたが、この度、下記の団体との間で連携が整い、4月1日から運用開始となりましたので、お知らせいたします。

名称
 登下校時の緊急避難校ネットワーク

連携団体と会員校数   合計650校
【東 京】
○一般財団法人東京私立中学高等学校協会(中学校186校、高等学校240校)
○東京私立初等学校協会(小学校54校)
【神奈川】
○一般財団法人神奈川県私立中学高等学校協会(中学校58校、高等学校80校、中等教育学校3校)
○神奈川県私立小学校協会(小学校29校)

ポイント
(1)登下校中に地震が発生し、こどもたちが学校や自宅にたどり着けなくなってしまった場合、上記団体に加盟する私立小学校・中学校・高等学校は、避難してきたこどもたちを(私立、国立、公立を問わず)学校内で保護します。

(2)保護したこどもが連携する学校の生徒等であれば、連携団体専用Webシステム『避難校ネット』を利用してその所在と安否の情報を在籍校に提供することができます。

避難校ネット