資料請求
入試イベント

入試イベント

第60回バザー
2018年11月3日(土)10:00~15:00()
お申込はこちら
授業見学会(10/29)
2018年10月29日(月)8:30~10:30()
お申込はこちら
授業見学会(11/9)
2018年11月9日(金)10:00~12:00()
お申込はこちら
学校説明会について
公開行事について

【お問い合わせ先】関東学院六浦小学校

TEL 045-701-8285 FAX 045-783-5342

閉じる
学校について

みんなの声

「関東学院六浦小学校ってどんな学校?」
「雰囲気は?」…。
本学で学ぶ在校生、そして卒業生、
先生、保護者のリアルな声をご紹介いたします。

  • 在校生 在校生

    先生の教え方が面白くて授業が楽しいです。高学年になったら、やさしいお姉さんになりたい。  先生の教え方が面白くて授業が楽しいです。高学年になったら、やさしいお姉さんになりたい。

    学校に入学して楽しかったことは、六浦こども園からのお友だちだけでなく、新しいお友だちがたくさんできたことです。野島公園を走るマラソン大会は学年で1位になりました。2週間前から練習していたので1100メートルを休まずに走って、ゴールしたこともうれしかったです。勉強はわからないところも先生がわかりやすく教えてくれるので、おもしろいです。算数や英語を勉強するのが、どんどん好きになってきました。 2年ヨナ組 薙野 楓さん

  • 在校生 在校生

    児童会会長として「ありがとう」の声が響く笑顔あふれる関東学院六浦小学校にしたい。 児童会会長として「ありがとう」の声が響く笑顔あふれる関東学院六浦小学校にしたい。

    私たちの学校の自慢のイベントはなんといっても11月のバザーです。カフェやお化け屋敷などの出し物をみんなで企画します。学校の授業は手作業を取り入れた算数「Hands-on Math」や週2時間、ネイティブの先生と英語専科の先生が教えてくれる英語が人気です。私は将来パイロットになって世界中を飛び回りたいのでこれからも英語を一生懸命に勉強していきたいと思います。 6年エレミヤ組 田中 心彩さん

  • 卒業生 卒業生

    人や社会に役立つ勉強をするために大学院に進学。六浦小学校で学んだ6年間は「私の原点」です。 人や社会に役立つ勉強をするために大学院に進学。六浦小学校で学んだ6年間は「私の原点」です。

    3.11の震災を機に災害に強い街をつくりたいと思って、大学では建築を学びました。その後、建築そのものを支える地層や地質に興味が発展し、大学院では社会文化環境学を専攻。金沢八景の景観がどのようにできたのかを研究していました。考えてみれば、今の私があるのも六浦小学校のお陰です。「人になれ奉仕せよ」の教えと「六浦」の美しい環境が、その後の私の進路に大きな影響を与えてくれたんですから。 テトス・ピレモン組 第50回生
    東京大学大学院卒業 坂手 久美子さん

  • 卒業生 卒業生

    将来の目標はニッポン代表選手を育てること。頑張るアスリートを愛情と科学でサポートしています。 将来の目標はニッポン代表選手を育てること。頑張るアスリートを愛情と科学でサポートしています。

    今はトレーニング科学を勉強しています。かつて自身も選手だったので、人を助けたり、人を応援することも好きなんです。才能があり、努力もしている選手が本番で実力を発揮できずに悔し涙を流しているのを見てメンタルトレーニングに興味を持ちました。僕は幼稚園から高校まで六浦で過ごしました。小学校ではサッカーと合唱団、応援団長もしていました。そこで学んだ積極性と協調性が大いに役立っています。 ヤコブ・シモン組 第52回生
    日本体育大学大学院在学 相川 聖さん

  • 保護者 保護者

    自分が小学生の頃に戻れるのならこんな学校に入りたいなと、そう思いました。 自分が小学生の頃に戻れるのならこんな学校に入りたいなと、そう思いました。

    友人から関東学院六浦小学校のことを聞いて学校説明会に参加しました。その時、先生たちのお話しが温かかったのと子どもたちを1人ひとりの名前で呼ばれているのに大変感動しました。結局、長女も次女も関六小に通わせていますが、私は子どもの世話が大好きなのでぶどうの会の会長を楽しんで務めさせて頂いています。今後、出来るだけ多くの保護者が楽しんで参加できるような会にしていけるように頑張ります。 ぶどうの会 会長 真弓 統子さん

  • 先生 先生

    答えを教えるのではなく子どもたちに気づいてもらうように教え方を工夫しています。 答えを教えるのではなく子どもたちに気づいてもらうように教え方を工夫しています。

    5年前に関東学院六浦小学校に赴任しました。六浦小学校の子どもたちは素直で明るい子が多いです。心が真っさらなだけに、教師の責任は重いと思っています。私のひと言が子どもたちの将来やその後の人生に影響してくるので、丁寧に向き合っていこうと思います。学力も体力も伸び盛りの時期に、詰めこんだり、与えるのではなく、その子どもが持つ「考える力」を伸ばしていきたいと思います。 4年担任 石川 新先生